易経

IMG_4353

易経は9年くらい前から嗜んでいる。
そして、ここ1年になって
やっと“易に馴染んできた”
と感じられるようになった。

以前は、ただの占い本であったが、
ここ数年は、ほとんど占いはやらず、
もっぱら自身の状況を、64卦から推測し
今後の打ち手の参考に使わせて頂いている。
(非常に生意気だが自分なりにと言う事)

易は、64卦で宇宙の創成から人間の人生全てを示している。

さらに、卦には6つの爻と言われる状態があり、
64×6=384通りもの状況を示し
課題の打開策を示してくれる。

易経は、人生の構造を示す教科書だと僕は考えている。

しかし、そー直ぐに思えたわけでは無い。
9年くらい前から、近くに置き
先ずは、様々な問題や課題を占うことに
積極的に使っていた。

そして、そこからは起きる事象にたいし、
易の64卦のうちのどこに当てはまるか、
さらに、どの爻に当てはまるかも考えていた。

そんなこんなで、
ここ1年で馴染んできたと言えるようになったと思う。

この夏、改めて易を初めから読み込んだが
新たな発見と共に、新たな戒めと
新たな希望をいただいた。

易は、仏教で言う“無明”の状態を脱する為に
選んだ智慧である。

全ての苦は無明が元であると仏教では言う。

無明とは、暗闇であり光が当たっていない状態。
その光が智慧なのであり、
智慧が暗闇を消し去ってくれる。

これが仏教の考え。

それに基づいて、僕は易を選び
そして、今がある。

これからもずっと易経とのつきあいは続くでしょう。

This entry was posted in 主の独り言. Bookmark the permalink.