蓼科の紅葉風景

いよいよ、蓼科の紅葉シーズンに入りました。
蓼科温泉ホテル親湯の周りも色づき始め
来週あたりピークを迎えるでしょう。

_MG_9408
_MG_9398(2014年10月31日撮影)
蓼科温泉ホテル親湯から徒歩15分の所にある
蓼科の名所大滝は、10月下旬から見頃になると
思われます。

 _MG_0111 _MG_0114 _MG_0116

紅葉と湖と八ヶ岳とのコントラストが美しい
蓼科湖の見頃は、今週から10月下旬まで。

蓼科温泉ホテル親湯にお越しになったら
是非お立ち寄りください。

そして、ここからが蓼科温泉ホテル親湯周辺の紅葉風景。

今年の見頃は
まだまだこれから。
今週から11月上旬までお楽しみ頂けます。

まだ空室がある日もございます。
秋の蓼科へお越し下さい。

_MG_9481 _MG_9477 _MG_9493

_MG_0013 _MG_0038 _MG_0053 _MG_0073 _MG_0101 _MG_9375 _MG_9448 _MG_9450 _MG_9459 _MG_9499 _MG_9538 _MG_9549 _MG_9563 _MG_9565 _MG_9569 _MG_9572 _MG_9573 _MG_9588 _MG_9597 _MG_9601 _MG_9604 _MG_9607 _MG_9612 _MG_9614

Posted in 主の独り言, 施設, 親湯サービス |

諸星大二郎

引越して、一番やりたかったこと。
それは、自宅の書斎で諸星大二郎を読みふける。である。

諸星大二郎は、
名作 暗黒神話孔子暗黒伝
で多くのクリエイターを刺激したことで有名な漫画家。

手塚治虫に真似できないと言わしめ
エヴァンゲリオンの庵野監督には、あのシーンをまねたいと言われ
宮崎駿監督にはファンとまで言われている。
そんな実力派の漫画家である。

IMG_30732
IMG_3085 IMG_3088 IMG_3089 IMG_30662IMG_30722 IMG_3075

かれこれ、どのくらいの時間を費やしただろうか。
とある先週の日曜日は、奥さんと子供の許可を得て、
睡眠時間も削り、16時間くらい読み続けた日もあった。

彼の著作漫画は膨大な数。
まだまだ全てを読破は出来ないが、
集中して読む事で、諸星大二郎の世界感は
なんとなく身体で分かるようになった。

凄い漫画は時代を超える。
古典と言っても良いだろう。

うちの小僧達にも読んでもらいたい名作ばかりだ。

Posted in 主の独り言 |

社員結婚式

IMG_3063

結婚式に参加した。
今回は、新郎新婦両名とも
当社の社員。

社内恋愛というやつである。

そもそも、2年も付き合っていること自体
僕の耳には入っておらず
結婚すると聞いて
多分一番僕が驚いたと思う。

社内からも20名が参加。
まだまだ参加したい社員も居ただろう。
新郎新婦もさぞや呼ぶメンバーには苦労した事だろう。

祝辞でも述べさせて頂いたが、
社内結婚は社長として本当に嬉しい。

ついつい式中1人で飲み過ぎてしまった。

祝辞では、若かりし頃のマルクスの言葉を肴に
話をさせて頂いた。
2人には、本当に幸せになってもらいたい。

おめでとうございます。

Posted in 主の独り言 |

ギリシア人の物語Ⅱ 塩野七生

IMG_3057

待ちに待った、塩野七生のギリシア人の物語の続編が届く。
かれこれ、昨年の9月にギリシア人の物語Ⅰを読んで
続編を約1年楽しみに待っていた。

IMG-3091

僕の書斎には、塩野七生コーナーを用意。
名著ローマ人の物語も全巻鎮座している。

塩野七生先生は御年80才。

まだまだ長生きして頂き、
このギリシア人の物語を
完結して頂きたい。

ただただそれを願うばかりだ。

老後、ローマ人の物語や
ギリシア人の物語を
自由の時間を使用して読む。

密かな老後の楽しみとして
今から用意している。

Posted in 主の独り言 |

白金 今福

IMG_3024

白金にある、今福にすき焼きを食べに来た。

IMG_3027 IMG_3028

この店は、
すきやき、しゃぶしゃぶに関しては
一目置かれているお店。

この日は、宮崎の黒毛和牛。

彩りも鮮やか。
霜降りなのにしつこくなくさっぱり。

こういう店はだいたい2枚。
でも少なさを感じない工夫が
随所に見られる。

大切なお食事には
お勧め出来るお店です。

■お店情報
白金 今福

Posted in 主の独り言, 柳澤お勧めのレストラン |

老子 2017

IMG_3031

諸子百家の孔子と双璧を成す人物である老子。

孔子は、仁と礼を中心とおいたが
老子は道(タオ)をおいた。

この道(タオ)という概念を
僕ごときはここで文字にして書くことは出来ない。
出来ないと言うか、壮大すぎて上手く書く自身がないから。

ただ一言で言うならば、宇宙。
僕は、道をそう理解している。

以前もブログに書いているが、
40過ぎて、老子が身にしみる様に
なってきている。

個人的に好きなのは、P45
営魄(えいはく)を載せ抱一(ほういつ)させ、能く離すこと無からんか。気を専(もっぱら)にし柔(じゅう)を致し、能く嬰児(えいじ)たらんか。

この境地にいつかなりたいと思っている。

Posted in 主の独り言 |

ナショナルジオグラフィック10月号

IMG_3014

今月も、ナショナルジオグラフィックが自宅に届いた。
小僧達は、毎号楽しみにしている。

理由は、画像の美しさ。

世界中の美しい風景や
動物たちの見た事もない距離での接写がお好み。

知れにしても、
カメラマン達の努力は
素人には想像できないくらい
大変な事なのだろう。

掲載に値する1枚を撮影するために
どれだけの時間と労力を払うのか。

写真を見ながら、その背景に想いを馳せてしまう。

Posted in 主の独り言 |

ブッダ 手塚治虫

IMG_0439

 

手塚治虫のブッダ全巻を読む。

手塚治虫の世界感は
多くの漫画家をはじめとして、
多くの人々に影響を与えた。

そして、こんな僕でも手塚治虫の世界感に引き込まれ
脱帽するばかりだ。

この漫画は、ブッダ(目覚めた人)になる前の
シッダルタの成長から、
ブッダとなり、涅槃に行くまでの物語。
手塚治虫の世界感で興味深く読ませて頂けた。

ブッダを読んだので、
改めて、手塚治虫の壮大な世界感の火の鳥も近いうち読もうと思う。

Posted in 主の独り言 |

引越

マイホームに引っ越した。
個人的には、借家住まいが性に合っている僕ですが、
妻の長年の説得に負け、マイホームを持つ事になった。

昔から、ノマド的な生活に憧れを抱き、
いつでも動ける借家という選択に
少しも疑義を持たなかったが、
実際にマイホームに住んでみると、
これが予想に反して悪くない。

悪くないというかとても良い。

今までの僕の価値観は何だったのか・・・
と自分自身に疑いの目を向けたくなるほど
とっても居心地が良いのだ。

心など外的要因の産物だ。

こー言い切る学者も多いが、
自分の心変わりを体験すると、
頷けてしまう。

まだまだ荷ほどきできていない
ダンボールに囲まれた生活でこの居心地の良さ。

荷ほどきし、綺麗に整理整頓できたときには
きっともっと居心地が良くなるのだろう。

Posted in 主の独り言 |

調子が良い

蓼科温泉ホテル親湯
上諏訪温泉しんゆ
萃sui-諏訪湖

3店舗ともすこぶる調子が良い。
8月の長雨も何のその、
毎日多くのお客様にお越し頂き、
期首の6月から9月までの4ヶ月
本当に調子が良い。

あまりの調子の良さに、ちょっと不安になり
お客様の属性を深く調べてみると、
リピーター様と紹介客様が多い事に気づく。

これは、本当にありがたい事。

しかし、だいたい調子が良いからと言って
調子に乗ると、急転直下に落ちる。
これは歴史が示すパターン。

こう言うときこそ、質素倹約に努め
地道にコツコツを最も心がけないとならない時。

経営者になって約19年。

調子に乗ってその後辛酸を舐めた経験は数知れず。
こういう体験が血肉になって今がある。

コツコツ
コツコツ

目の前のお客様にただ一生懸命
臨むことだけを考えていきたい。

Posted in 主の独り言 |