大正15年創業 親湯温泉の歴史のご紹介

75
(明治時代 馬と一緒に温泉に入っている様子)

リピーターのお客様に好評なのはこのページ。
http://www.tateshina-shinyu.com/onsen_st01.html

親湯温泉の歴史を解説したページだ。
スタッフにこのページのことを
聞かれるお客様が意外にいることに驚いている。

正直、いつ親湯温泉が生まれたかは
明確にはわかっていない。

私たちには、発見された時の
伝説が伝えられているだけである。
いずれにせよ、大昔からある温泉である事は
事実である。

39 のコピー
(昭和初期 温泉プールで泳ぐ子供達)

ちなみに私で4代目。
4代前は、村で管理されていた。

60

昭和初期の頃は、
親湯温泉がバスの最終地点。

このバスに乗って
多くの文人、歌人達もやってきた。
柳原白蓮もその内の一人

68

我々は、昔からの歴史ある温泉、そして文脈を
後世に引き継ぐ努力をしている。
微力だが、蓼科と共に生きて行く以上
責務であると勝手に解釈している。

多くのお客様に
今後も蓼科の素晴らしい文脈をお伝えし続けたいと思う。

この親湯温泉の歴史のページもその一環なのである。
http://www.tateshina-shinyu.com/onsen_st01.html

This entry was posted in 主の独り言, 親湯サービス. Bookmark the permalink.