創業大正十五年表記へのご質問へのご回答

当社は、
創業大正十五年 蓼科親湯温泉
と2018年4月26日に屋号を変更いたしました。
すると、多くの地元の方から、
“親湯温泉はもっと古くからやっているぞ”
というご意見の電話を多く頂けました。
そのご指摘は、もっともなことであり
関心を持って頂いていることに感謝しております。
IMG_4884
私が、創業を大正十五年と表記したのは、
初代経営者が経営を始めた年であるから
と言う理由です。
武田信玄公の隠し湯という謂われを持つ親湯温泉は、
創業1600年とも言われています。
しかし、ちゃんと実感のある創業年にしたいと考え
大正十五年とさせて頂きました。
現在蓼科エリアには、
滝の湯さん、渋ノ湯さん、当社以上に
古い歴史を謳われる施設もあります。
正直、ホントかなぁーと
いぶかしげに思っているところです。

Posted in 主の独り言 |

新緑が美しい大滝へのお誘い


蓼科の名所大滝。
蓼科温泉ホテル親湯から、歩いて15分の場所にこの名所はある。

原生林がまだ残るこの場所には、
至る所に苔がびっしり生えている。


行くと分かっていただける事が、
空気が屋久島の様に原始的である
と言う事。

蓼科温泉ホテル親湯を訪れる
もう一つの楽しみ
として是非足を運んで頂きたい。


見頃は、毎年6月から美しい新緑をご覧頂けます。

 

蓼科親湯温泉での御滞在中に、
少し足を伸ばして訪れて頂きたい名所。
清涼が愉しめる蓼科の特別な場所です。

Posted in 主の独り言, 親湯サービス |

Happy Hour (ハッピーアワー) 濱口竜介

IMG_4916
5時間17分。
この映画の上映時間だ。
正直長い。
初めはそう思った。
しかし実際に見始めると・・・
良い映画を見た後の
なんとも言えない虚脱感。
それがこの映画にもあった。
今年は、30本以上は見たと思うが、
その中でダントツのNO1。
4人の素人主演女優がとにかく素晴らしかった。
5時間の長丁場であっても
前半のフックが素晴らしく、
最後まで見続けられる。
ただカメラをまわしっぱなしの雑談風景。
これがとにかく素晴らしい。
生きていると色々ある。
それでも時間は容赦なく進む。
この映画を見て、改めて人生というものを
観念抜きに見る事ができた。
HappyHour。
1人でも多くの方に見ていただきたい、お勧めの映画である。

Posted in 主の独り言 |

生きるぼくら 原田マハ

IMG_4943
著名な作者原田マハ。
なんとこの茅野市に移住している??
との情報が入ってくる。
そんな事で、早速本を探し読んでみる。
小説の場所が蓼科というのがいい。
小説をあまり読まない僕でも、
最後まですらすらと読めた。
こう言った素晴らしい作家に
蓼科を取り上げて頂ける事を
率直に嬉しく思っている。
原田マハ先生を陰ながら応援したい。

Posted in 主の独り言 |

和食 から木

IMG_4923
茅野が誇る和食のお店から木。
今回も素晴らしい料理の数々に酔いしれる。
IMG_4925 IMG_4926 IMG_4927 IMG_4928 IMG_4929 IMG_4930 IMG_4931
茅野市の名店、いや長野県の和食の名店に
是非足をお運び下さい。
■お店情報
和食から木

Posted in 主の独り言, 柳澤お勧めのレストラン |

大正十五年創業 親湯温泉の歴史のご紹介

 
75
(明治時代 馬と一緒に温泉に入っている様子)
リピーターのお客様に好評なのはこのページ。
http://www.tateshina-shinyu.com/onsen_st01.html
親湯温泉の歴史を解説したページだ。
スタッフにこのページのことを
聞かれるお客様が意外にいることに驚いている。
正直、いつ親湯温泉が生まれたかは
明確にはわかっていない。
私たちには、発見された時の
伝説が伝えられているだけである。
いずれにせよ、大昔からある温泉である事は
事実である。
39 のコピー
(昭和初期 温泉プールで泳ぐ子供達)
ちなみに私で4代目。
4代前は、村で管理されていた。
60
昭和初期の頃は、
親湯温泉がバスの最終地点。
このバスに乗って
多くの文人、歌人達もやってきた。
柳原白蓮もその内の一人
68
我々は、昔からの歴史ある温泉、そして文脈を
後世に引き継ぐ努力をしている。
微力だが、蓼科と共に生きて行く以上
責務であると勝手に解釈している。
多くのお客様に
今後も蓼科の素晴らしい文脈をお伝えし続けたいと思う。
この親湯温泉の歴史のページもその一環なのである。
http://www.tateshina-shinyu.com/onsen_st01.html

Posted in 主の独り言, 親湯サービス |

kotoba 2018年夏号

IMG_4921
定期購読している“kotoba”が届く。
今回は、日記の特集。
日記を書いている僕には興味深い特集だ。
IMG_4922
画像は、井上靖の日記。
当時の日本の状況を鑑みると
この日記が一気に重厚感を増してくる。
真情を吐露した日記。
人の日記は中々読む機会はないが、
こうやって読むと、
とっても興味深いコンテンツだ。

Posted in 主の独り言 |

戦略的ブランドマネージメント ケビン・レーン・ケラー

IMG_4880
思うところがあり、
ブランドの勉強をやり直している。
以前も読んだ本なのだが感覚がぜんぜん違う。
以前は、理解力が乏しく、
やたらと線を引いていたが
肝心なポイントを見過ごしていた。
読書の楽しみは、
時間が経って再読すると、
印象が大きく変わるところ
がある。
今回の本も正にそれ。
改めて勉強させて頂いた。
ちょっと軌道修正が必要になりそうだ。

Posted in 主の独り言 |

夜景の美しい ニューヨークグリル

IMG_4910
夜景を見にニューヨークグリルに行く。
相変わらず、素晴らしい夜景。
夜景を見ながらお酒とチーズ。
いつ来ても最高。
■お店情報
ニューヨークグリル

Posted in 主の独り言, 柳澤お勧めのレストラン |

恵比寿 レストラン 薪火グリル L’IGNIS(リグニス)

恵比寿にある人気のお店に行く。IMG_4887
平日なのに、この日も満席とのこと。
IMG_4888 IMG_4889
上品なメニューの数々。
IMG_4890 IMG_4891 IMG_4892 IMG_4893 IMG_4894
薪火と謳っているだけあって、焼き加減はどれも素晴らしかった。
混雑している店内の人の声もBGMとして
料理を楽しくさせてくれる。
みんなで楽しく食事をする
というシチュエーションにはぴったりなお店。
■お店情報
薪火グリル L’IGNIS(リグニス)
 

Posted in 主の独り言, 柳澤お勧めのレストラン |