あえん 伊勢丹会館

IMG_0869 IMG_0870 IMG_0871

シンプルな料理で人気の和食店。
自由が丘店はとても有名だが、
新宿伊勢丹会館店におじゃました。

とにかく素材を活かした料理の数々。

写真ではとても地味だが
どれも素朴でとても美味しい。

そして、僕以外は全員女性。

女性に選ばれる・・・
という点を勉強させて頂いた。

■お店情報
あえん 新宿伊勢丹会館店
http://isetan.mistore.jp/store/group/isetan_kaikan/shop_aen.html

Posted in 主の独り言 |

FAKE 森達也

IMG_0826 IMG_0827

ブルーレイ化を待ち焦がれたドキュメンタリー映画。

日本国中を騒がせた、
あの佐村河内守氏に密着したドキュメンタリーだ。

監督はドキュメンタリーに定評がある森達也監督。

当時メディアでは、
ほぼ一方的に、佐村河内守=悪。
こんなイメージを我々視聴者は持たせられた。

そして、被害者であり善良な告白者として
ゴーストミュージシャンの新垣隆氏が取り上げられ、
その後、新垣氏はバラエティー等で
引っ張りだこになった。

世の中は、ヒューリスティックに佐村河内守=悪である。
と判断を下したのである。

しかし、その流れに一石を投じたのがこの映画。

悪とされた佐村河内守氏に密着し、
ここまでの文脈で言う悪の視点から
世の中のヒューリスティックな価値観を問うたのである。

視聴感想は、
“正直ここまで面白いとは思わなかった”、だ。

佐村河内守氏には、彼の事実があり、
新垣隆氏にも、彼の事実がある。

正にこれは、
それぞれが認知不協和の合理化をしている。
そー言い切っても僕は良いと思う。

本当の事実は誰も分からない・・・・

でも僕は思う、それが世の中。
そー言う中で我々は生きているのだと。

追伸
ラスト10分は驚愕。
更に疑惑の渦中にたたき落とされる。
森達也監督・・・凄い!!

社員教育、幹部教育に
当社はこの映画を使うと思います。

Posted in 主の独り言 |

ジョーのあした 阪本順治

IMG_0878

辰吉丈一郎を20年取り続けたドキュメント映画。
ジョーのあした。

未だ現役の辰吉丈一郎の20年の記録。

選手寿命が短いボクサー。
未だに現役という辰吉丈一郎。

最早強いとか弱いという選択の次元には無い
日本を代表するボクサーである事は
周知の事実だろう。

その辰吉丈一郎の映画。
見ない選択は僕には無い。

彼のボクシングは、
僕は業だと思う。
勝負という事は当然表面上はあるが、
彼は業でボクシングをしている。

そして、業の人生を生きる人間に
人は心動かされるのだと思う。

経営者に置き換えれば、
業で商売を行っている人はどれだけいるだろうか・・

表面上は業を装っている経営者はいくらでもいる。

しかし、辰吉丈一郎並みに
業で経営している人は、
本当に少ないのだと僕は思う。

もちろん、僕自身も怪しい。

表面などいくらでも繕える。
自分は業で経営をやっているか・・・

これは、常に質問として持っている必要があると
この映画を見て痛切に感じるのだった。

Posted in 主の独り言 |

村上“PONTA”秀一ライブ in ピアノマン

IMG_0888 IMG_0880

村上“PONTA”秀一さんのライブが関連施設のピアノマンであった。

今回は、前回も大好評だった
村上“PONTA”秀一さん。

御年66才。

未だに、キレッキレのドラム。
ほれぼれしてしまう。

さらに、パートナーのギタリスト。

この方が素晴らしかった。
ギターについてうんちく語れるほど
嗜んではいないが、
とにかく、音が柔らかく品がある。

男性だが長髪の横顔が女性らしさを醸し出している。

いい意味でのアンニュイさが
とっても今風。

今後更に名を馳せるであろうギタリストを
発見できたのも嬉しかった。
(ギタリストの名は小沼洋介

Posted in 主の独り言 |

一つの青春 チャックベリー

IMG_0863

中学生時代、親父が聞いていたのを懐かしく思う。

それから、個人でもレコードを買い、
CDを買い・・・

チャックベリーのRock’n’rollは
エルビスと並び、僕の中学生時代の
青春の1ページだった。

今でもiTunesにいれている。
チャックベリー歴は、
中学生時代からだから約30年。
本当によく聞いたと思う。

それにしても淋しい。

今日は、チャックベリーを聞きながら
一杯やろうと思う。

残念だ。

 

Posted in 主の独り言 |

銀座つるとかめ 3回目

IMG_0843

銀座つるとかめ。
今日で3回目。

いつきても、
さわやかな女性中心のサービスに
心が和んでしまう。

IMG_0844 IMG_0845 IMG_0846

女性の料理長、そして全て女性の職人が創り上げる料理の数々は
本当に繊細で、見るだけでも楽しめる。

IMG_0850 IMG_0851 IMG_0852 IMG_0854 IMG_0855 IMG_0856 IMG_0857

今回も、十分に楽しませて頂いた。
また、季節を変えてお邪魔したいと思う。

■お店情報
つるとかめ
http://tsurutokame.jp/

Posted in 主の独り言 |

奥さんとデート

数ヶ月前から決まっていた今日のイベント。
今日は、奥さんとふたりっきりのデートの日である。

結婚して11年。
子供もいる関係で(言い訳か??)、
年に数度しか2人でデートが出来ていない。

他のご家庭は存じ上げないが、
多いのか少ないのか。。

それにしても、毎回このイベントに対し
1週間くらい前から体調を万全にしようとする
意識がなぜか芽生えている。

そして、今回も体調万全で臨んだ。

今回の目的地は新宿と銀座。
とにかくお買い物目的。

爆買いでは無く、色々と見まくって
気に入ったものを少し買うというのがいつものパターン。
今回も、立ちっぱなし、動きっぱなし、独り言を聞きっぱなし
の覚悟で臨んだのだった。

IMG_0828
IMG_0829

先ずは地下食料品売り場。
ここで、お世話になっている方2名のご贈答品を探す事に。

日本酒の試飲から始まって
お土産屋の試食の数々。
途中で、昼食もはさみかれこれ4時間。

買ったのは日本酒1本とご贈答用のシャケ。

中々今回もハードである。

続いては、銀座へ。
銀座では自分のアクセサリーを買いたいと言う事なので
銀座3丁目にある、何とかという宝飾ブランドへ。

自分の興味の無いモノに囲まれて、
約2時間という時間は本当に辛いものがある。

店外に出てはたまに空気を吸い、
店内では、奥さんの“似合う?”という
質問を浴びせ続けられる。

この繰り返し。

この2時間が終わる頃には
どっと疲れが襲ってくる。
これもまー毎度の話。

それにしても、今回も結局買わない。

ウェブで下調べをして
当たりを決めてから行くという
僕の志向とは真逆である。

今回も、夫としての修行の時間であった。

また数ヶ月後。
この修行が待っているのだろう。

Posted in 主の独り言 |

焼き鳥 鳥恵

IMG_0810

人生でダントツ一番の美味しい焼き鳥を食べた。

スクリーンショット 2017-03-28 23.06.01 スクリーンショット 2017-03-28 23.06.21

出される焼き鳥と
日本酒とのマリアージュは最高!!

スクリーンショット 2017-03-28 23.06.37

個人的には、画像左のパテは
瓶で持ち帰りたいほどだった。
(お替わりさせて頂いた)
スクリーンショット 2017-03-28 23.06.50 スクリーンショット 2017-03-28 23.07.01

このウズラに関しては、何と表現すれば良いのか・・・
この美味しさを僕のボキャブラリーでは伝えきれない。

スクリーンショット 2017-03-28 23.07.28

中々予約も取り辛い名店。
早めのご予約をお勧めします。

■お店情報
鳥恵
http://hitosara.com/0006045858/

Posted in 主の独り言 |

蓼科キュイジーヌ春メニュー好評

3月1日からスタートしました
蓼科キュイジーヌ春メニュー

お陰様で、毎日ご好評の声を頂いております。

春メニューは
5月末までのお楽しみ。

是非、多くのお客様にお楽しみ頂きたいです。

 

Posted in 主の独り言 |

kotoba 2017年春号

IMG_0777

年4回の発行を心待ちにしている雑誌。
kotoba。

かれこれ、愛読して何年になるだろうか・・・。

今回表紙を見ただけで
興奮がこみ上げてくる。

僕が大ファンの沢木幸太郎。
福岡伸一。
この二人だけでも生唾ものである。

特に沢木耕太郎。
彼の代表作でもある
深夜特急。

高校生時代に出会い、
親元を離れ、一人東京に出て
無理してでも苦労して生きようと
決意させた今でも手元に置いている本である。

この文庫本6冊。
僕に取っては宝中の宝の本である。

当時、バックパッカーのバイブル的存在だった
深夜特急。
僕も、学校の休みを使って
できる限りだが一人で旅に出た。

僕に取っての沢木耕太郎。

暗闇の中での生き方を
教えてくれた道しるべ、
エリアの様な存在である。

Posted in 主の独り言 |