蓼科高原バラクライングリッシュガーデン便り

barakura1

ビーナスライン沿いにある
蓼科の人気の観光スポット
蓼科高原バラクライングリッシュガーデンさんから
春の花便りが届きました!

写真手前の薄いブルーと紫の2輪の花がミニアイリスで、
花弁の大きさは約4㎝ほど、背丈は10㎝ほどのお花です。
この春は6種類の色のミニアイリスが楽しめるそうですよ!
まだ咲き始めたばかりですので、
3月いっぱいは楽しめそう、とのことです。

左の方に咲いている白っぽいお花はスノーフレーク。
花弁一枚一枚の先端に小さな黄色い斑点模様があるのが特徴です。
りんどうのような形で、お花の大きさは2センチくらい。
よくスノードロップと間違われるそうですが、
先端に斑点がある方がスノーフレークなのだそうです。

春らしい、かわいらしいお花ですね。

開花が早かった昨年と比べると、
やや遅いかもしれませんが、
全体的に例年並みの開花状況だそうです。

春の花は小さいものが多く、
茎も合わせたサイズが5センチ~15センチのものが主流です。
成長が早く、2、3日暖かい日が続くと、
突然咲いていて驚くこともあるそうです。

園内には約10万球の球根が植わっています。
球根花はこの時期から5月末くらいまで
次々と咲き繋いでいくそうですので、楽しみですね。

現在、スノードロップが満開です。
八重咲と一重咲きの2種類あるそうですが、
小さな花で下を向いているので、
違いがわかりにくいかもしれませんが
観察してみてくださいね。

プリムラ、キバナセツブンソウ、クロッカスも
一部開花しはじめたそうですよ!

クリスマスローズも見頃だそうです。
昨年11月から咲き始め、
冬の間は雪の中で咲いていたそうです。
寒さに強い花なんですね。

3月いっぱいは楽しめるようです。
今は白い花が咲いているそうですが、
咲き始めは薄いグリーンだったようです。
このあとは薄い紫色に変色していく、珍しい花です。

◇今後の開花予想

・キバナセツブンソウが多くの黄色いつぼみをつけているそうです。
 また、クロッカスもたくさんの小さな芽を確認できていて、
 暖かければ今週末~来週が見頃になると思われます。
 こちらも3月いっぱいは楽しめます。

・水仙や、チューリップの芽が日増しに大きくなってきています。
 このまま例年通りの気候になれば、
 水仙は4月中旬、
 チューリップはゴールデンウィーク頃に見頃を迎えそうとのことです。

◇今後のイベント予定
・ガーデン開き2017 
 3/17(金)~20(月・祝) 

・馬頭琴の生演奏会
 日時:3/18(土)19(日)
 時間:11時~、13時半~、15時半~(1日3回演奏)

 ガーデンにご入園の方はどなたでもお聞きいただけます(無料)

詳しくは、
バラクラのホームページ(リンクフリー)http://barakura.co.jp/
ガーデンの様子http://barakura.co.jp/garden/2017/03/11garden.html

*3/17~3/31までは入園料300円です。

ホテル親湯
大橋

This entry was posted in 観光情報. Bookmark the permalink.