外部環境

2ヶ月に一回の大切な“集まり”が東京である。
かれこれ5年間続けている。

そこには、僕の尊敬すべき仲間がいる。

特段、悩み相談や何かトレーニングを
しているわけではない。

ただ2ヶ月に一度集まり、
テーマに基づいて、話をする。
ただそれだけの繰り返しである。

そして、それで良いのだという
確信が僕にはある。

良きモノは毛穴から入ってくる。
(あくまでもイメージだが)

人間が外部環境に大きく依存している
事実を考えれば外部環境を
“どのように”構成するかは
当然意図的になった方は良いと思っている。

その文脈に基づいた集まりである。

男10人集まって
言葉尻だけ捉えれば“くだらない話”
をしている場合がとても多い。

しかし、僕にとっては
その環境は“今”の僕には
大切な宝物の様な時間。

僕以外の9人の尊敬すべき人たちの
生き様を頂戴できるのだから。

こういうのをなんて呼ぶのかなぁ−
切磋琢磨とも違うし。
何て言うんでしょうね。。

This entry was posted in 主の独り言. Bookmark the permalink.