先人

IMG_2873

親戚から、昔の画像をもらった。
ここには、
僕の親父からじいちゃん、ばあちゃん、曾じいちゃん、曾ばあちゃん、
おじさん、おばさん達が写っている。

親父の年齢から察するに
昭和25年頃と推測している。

当時の蓼科は、
路線バスが主流であり
最終地が蓼科温泉ホテル親湯であった。

蓼科温泉ホテル親湯は、
大正15年創業。

この創業は、曾じいちゃんが購入した年度であり、
実際の親湯温泉ははるかに古い
(宿の創業自体は古すぎて正確には不明、開湯400年と言われている)

数え切れない方々の力によって
我々は生かされている事をこの写真から感じる。

僕の超自我なのであるが、
今は、それもまたよし。
と素直に思える。

我々の役目は、
この地を後世へ繋げること。

まだまだ未熟だが、深掘りを続けるだけだ。

This entry was posted in 主の独り言, 親湯サービス. Bookmark the permalink.