主の独り言

2019.07.02

A GHOST STORY デヴィッド・ロウリー


(HPよりスクリーンショット)

素晴らしい映画を見た。
A GHOST STORY

おばQが主役の物語だ。
“届かない手紙”というテーマで映画を見た2本目だ。

台詞が少なく、カット割りも少ないこの映画。
見る人に多くの何かしらの感情を抱かせるだろう。
(個人的にカット割り多い映像は好きでは無い)

映画館で見て、そして即Amazonで購入。
日本語字幕版は発売されていないが、
英語版であっても再視聴したいと思うほど、素晴らしかった。

個人的には、ニーチェの永劫回帰が頭に浮かぶ。

彼女(奥さん)の想い(手紙の内容)を知るために
時間を越えて彷徨い続ける主人公(おばQ)
手紙の内容を知りたいが、映画ではそんな事はどーでも良いのだろう。
その手紙が主人公に対して書かれているモノでありさえすれば
主人公の存在が確立されるのだから。

主人公から奥さんへの手紙は届かない。
切ないほどに届かない。
それが又良かったとも感じる。
奥さんは現世を生きているのだから。

視聴後、さらに数日間こんなに余韻に浸れる映画は滅多に無い。
僕にとって永久保存版の映画となった。

シンガーソングライターでもある主人公の曲が
BGMで流れる。
このBGMの歌詞にこの映画のポイントが書かれている。
また、映画の冒頭の台詞。
ここは見逃さずに居てもらいたい。
この2つのポイントを抑えると、この映画は最高なものになる。

あー切ない。ひたすらに切ない。

Category

Archive