蓼科親湯温泉のリニューアル後の変化

2018年4月26日に蓼科親湯温泉は、
大きくリブランディングを行った。

個人的には、思い切った変更を行い
今まで奥底で願っていた方向に
やっと向けることが出来た。
僕に取っては念願成就のリブランディングだ。

“儲け”

という観点であれば、
今までの方向を踏襲した方が
誰が考えても良いと思う。
(そういう指摘も数多く頂いた)

しかし、
僕の身体が、今ここでやりたい事をやらなければ
一生後悔するという
シグナルを出し続けており、
今回は、意を決して身体にしたがった。

約3ヶ月経ち、
正直売上は方向転換を急にしたので
下がっている。

でも、僕の高揚感は
かつて体験したことが無い達成感で包まれている。

売上も一時的な減少で収まりそうな徴候も出始めた。

後は、
決めたブランドにしっかりと社員が合わせる事が出来れば
お客様にとっても我々にとっても
蓼科親湯温泉はより価値あるモノになると感じている。

This entry was posted in 主の独り言, 施設. Bookmark the permalink.